女性のための総合情報サイト

身体の声を聞くことが、美容のポイント

もともと肌が弱く、化粧品はかなり選ばないと使えるものがありません

35歳主婦です。
もともと肌が弱く、化粧品はかなり選ばないと使えるものがありません。
敏感肌用と名前がついているものはどれも高価で、使い続けることにお金がかかってしまいます。
どうにかして強くきれいな肌になれないか、といろいろ試しては失敗してきました。
今まで、季節の変わり目や人生のイベントの時期などは、かなりひどい肌荒れになっていました。
吹き出物が出たり、湿疹が出たりと散々です。皮膚科にもかなりお世話になりました。
そこで、肌荒れの原因は、ストレスが大きいのではないかと思い当たりました。
季節の変わり目は体調がついていかずに疲れやすくなります。
人生のイベントである結婚や出産は、大きな喜びとともに、強いプレッシャーに苛まれてきました。
そんな時はいつも、コスメや薬で治そうと、いろいろな種類のものを買いあさってきました。
塗れば治る、つければ治ると信じていたのです。
実際のところ、ボロボロに荒れた肌には何をつけても効果はありませんでした。

たっぷりの睡眠と栄養は、どんな薬やコスメにも勝る

そんな折、体調を悪くしてしまい、入院することになりました。
入院中は持続点滴があり、肌のケアも、シャワーを浴びることもできません。
ひどく荒れたままの肌がどうなってしまうのか、不安で仕方ありませんでした。
数か月後、驚くことに、私の肌は見違えるように健康そのものでした。
つやつやと白くなり、頬に血色が戻っていました。
たっぷりの睡眠と栄養は、どんな薬やコスメにも勝ると身を持って知りました。
それからは、生活を少しずつ改善しました。
疲れやすい季節やイベントの時期は、できるだけ早くベッドに入るようにしています。
食事は八分目で、消化のいいものを中心にし、よく噛んで食べるようになりました。
ストレッチや軽い運動にも興味が出て、体のメンテナンスとして積極的に取り組むようになりました。
しばらく動かしていないと、なんだか体が重くなっていくような気がするのです。
以前に比べて肌荒れすることも減り、肌の調子は段違いによくなりました。
体の声をきいて、しっかりとケアすることを忘れずにいたいです。

関連記事

コメントは利用できません。