女性のための総合情報サイト

化粧水や美白美容クリームのつけ方

朝と夜で違う肌ケアの仕方

化粧水は安くてたくさん使うことができて、添加物があまり含まれていないものを使用しています。
暑い時期には化粧水を冷蔵庫で冷やして使っていて、毛穴の引き締めと顔の熱の冷却にもなって気持ちがいいです。

・夜に肌のケアをする場合

最初は化粧水だけ塗り、少し時間をおいてから再び化粧水を塗ります。
そのあとにマッサージをしながら乳液を塗り込んでいきます。
最初につける化粧水はコットンに含ませて優しくパッティング。
私が使っているコットンは2枚重ねになっているものなので、顔に化粧水をつけ終わったあとはコットンを目の下から頬が隠れるように3分ほど貼り付けておきます。
2度目の化粧水は最初の化粧水をつけた時間と就寝時間の間くらいに行います。
2度目はコットンを使わずに手のひらに化粧水を出して、なじませてから顔にプレスするようにつけています。
顔につけた化粧水の水分が少しなくなったら、真珠大くらいの乳液を手のひらに出してなじませて、顔全体に塗り込みます。
塗り込んでいるとき、こぶしを作って指の第二関節で指圧するようにおでこの生え際、眉、目頭、目の下、頬、フェイスラインをマッサージしていきます。(塗っていて足りなくなったら乳液を追加します)
痛気持ちいいくらいの強さで顔の真ん中から外側に向かってやります。
時間があれば首やデコルテ部分もしますが、首やデコルテ部分は撫でるようにマッサージします。
美白美容クリームですが、就寝前に適量手に取り、シミやそばかすが気になるところにやさしく塗り込んでいきます。
私が使っている美白美容クリームはハイドロキノンが含まれているものなので、皮膚の薄い瞼には使わないようにしています。
顔だけではなく、首やデコルテ、腕、足のシミにも美白美容クリームをつけてシミ対策を行っています。
美白美容クリームがなじんだら就寝、といった感じになります。

・朝にケアをする場合

朝は化粧水をつけるのは1度だけで、そのあとお化粧をするかしないかで乳液をつけるかどうかが変わります。
お化粧をする場合は、化粧水をつけたら15分から20分程度時間をおいてからお化粧をします。
しない場合は化粧水をつけたあとに乳液をつけて朝の肌ケアは終わりです。

関連記事

コメントは利用できません。