※当サイトの記事は一般の方の作成協力をもとに作成されております。記事内容について参考にされる場合は、必ずご自身にて安全性などのご確認をお願いします。※

         

そのこんにゃく食品にかえるだけで一食の摂取カロリーが200カロリー

私がやったこんにゃくダイエットとは、健康食品のお店やインターネットなどでも最近はよく売られているこんにゃく食品というものを使います。
何種類も買って、毎日の食事の一食をそのこんにゃく食品にかえるだけのダイエット法でした。
普段の食事だと私の場合一食の摂取カロリーが600カロリーくらいでしたが、そのこんにゃく食品にかえるだけで一食の摂取カロリーが200カロリーもいかないのです。
こんにゃく食品はお腹もちがとても良いので、とても満腹感もありますし、思いのほか色々な種類が売られていました。
例えば、こんにゃくラーメンやこんにゃくカルボナーラ・そのほかこんにゃくすき焼きなど味付けは様々です。
どれも味がしっかりとついていて、ダイエット食品と思えないほど満足感があり美味しいのです。
私は、そのこんにゃく食品を食べてみた初日に、「これなら余裕で続けることが出来る。絶対に痩せる!」と期待に胸を膨らませてさらにこんにゃく食品を買い込んだのでした。

一週間目は食べれました…

一週間目は食べれました。
体重もどんどん痩せていくし、お通じもよく「なんてラクなダイエットなんだろう。みんなこれをすれば痩せることが出来るのに!」ととっても得したような気持ちでさえいたのです。
ですが、一週間を超えて数日経ったころからだったと思います。
どうも身体がこんにゃくを受け付けないのです。
味は色々あるので楽しめるのですが、こんにゃく自体にどうしても味がしみ込んでいないのがネックなのか、どんどんこんにゃくに抵抗を感じてしまったのです。
二週間くらいは頑張りましたが、それからは全くといっていいほどとうとう受け付けなくなってしまいました。
食べるとオェっとなってしまって吐いてしまったのです。
それからというもの、一切こんにゃくを受け付けなくなり、そのこんにゃく食品のパッケージを見るだけで気持ち悪くなってしまったのです。
一気にこんにゃく以外の食欲も沸いてしまい、結局体重はもとに戻ってしまったし、それ以来こんにゃくが駄目になってしまったのです。

化粧品(コスメ)・香水&美顔器などの美容家電買取サービスベビーカーやチャイルドシート等キッズ・ベビー・赤ちゃん用品買取サービス