女性のための総合情報サイト

30代女性の乾燥肌には正しい洗顔と徹底した保湿、水分補給が大切!お化粧前にはセラミドで保湿を!

徹底した保湿で乾燥からお肌を守る。洗顔はこすらない!

美容のために普段から気をつけていることは、徹底した保湿と水分補給です。
とても乾燥しやすい肌質で、30代の後半になってからというもの、少しの乾燥でも目尻に小じわが出たり、口の周りがパサパサしたり、お化粧乗りも悪くなるので乾燥は敵です。
梅雨の時期など湿度が高い場合は肌が乾燥しないためか、しっとりしていて触った感じもよいのでやはり外気の乾燥対策が欠かせなくなりました。
具体的な保湿の方法としては、まずは正しい洗顔。
夜シャワーをしながらのお湯での洗顔は厳禁です。水分どころか必要な脂分まで落としてしまうので、洗顔はシャワー後に丁寧にぬるま湯で。クレンジングでメイク汚れを落としますが、ここでも肌をこすらずに落とせるもので。洗顔もたっぷりのクリームのような泡で、手のひらや指先で顔をこすることは絶対にしません。皮膚科で肌をこすらないようにと言われたので、優しく洗顔するようになりました。一切こすらない洗顔を始めてから、肌がもっちりしてきました。

洗顔後は化粧水をたっぷり使う。メイク前にはセラミド入り保湿ジェルを!

洗顔後は、お化粧水をたっぷり、お肌と手のひらがぴたっと張り付く感じがするまで何度も重ね付けをします。
余裕があれば美顔器などでイオン導入もします。
その後に美容液と乳液。
乳液も適量をしっかりお顔全体になじませないとせっかく重ね付けした化粧水が蒸発してしまうのできちんと。
寝る前はかなりたっぷりのお化粧水をなじませるので顔がかなりテラテラしてしまいますが、翌朝のしっとり感が全然違うので、やはりデイリーなケアとしてはお化粧水たっぷりが基本な気がします。
また、日中もエアコンなどですぐに乾燥してしまうため、メイク前に使用するのはセラミドという成分が配合された保湿ジェル。
こちらは持ち歩いて、ランチの後などにもすぐにお肌表面を保湿するのに便利です。
外から保湿するのも大事ですが、忙しさのあまり水分を補給してない場合も以外とお肌が乾くので、こまめに水分を摂るようにしています。

関連記事

コメントは利用できません。